大学病院での臨床試験として血圧管理システムを利用

目的

大学病院での臨床試験として血圧管理システムを利用

内容

降圧剤を使用している被験者へデータ自動送信機能付き血圧計を使用してもらい、毎日の血圧データを弊社サーバーへ送信。 送信した内容を基に登録している投薬情報と効果を医師が確認。毎日の血圧,平均血圧、異常値アラートメール、投薬情報を管理できる血圧システムサービスになります。
論文発表されている血圧計に通信モジュールを独自で開発し自宅から血圧データを送信できるように通信モジュールを開発しました。

当社役割

コンサルティング、要件定義、内部設計、外部設計、詳細設計、テスト、サーバー保守

開発内容

WEBアプリケーション、血圧計に接続するPHS通信網使用接続機器

サービス事例11
画面イメージ
WEB管理画面1 WEB管理画面2
WEB管理画面3 WEB管理画面4